シズカゲルの原材料をチェックしておこう!配合成分を解説

シズカゲル

シズカゲルはお肌に優しく、かつ高い保湿力があるオールインワンゲルだというのは分かりましたが、気になるのは原材料だと思います。

 

いくらお肌に安心のものだからって、やっぱり使っている原材料は把握しておきたい!という方は多いと思いますので、シズカゲルに使われている原材料をまとめてみました^^!

 

シズカゲルの原材料をチェック!【原材料まとめ】

公式サイトを見ても原材料の明記がないので、ちょっぴり不安に思う方もいらっしゃると思います。コチラに原材料をまとめていますので、チェックしてみてくださいね^^

 

有効成分:アルブチン

 

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3−Oーエチルアスコルビン酸、テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル、ユキノシタエキス、マロニエエキス、シア脂、カンゾウフラボノイド、Nーステアロイルフィトスフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、1,3-ブチレングリコール、トリイソステアリン酸グリセリル、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、カルボキシビニルポリマー、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

 

一般的には原材料の表記は、配合量が多い順に明記されていますので、一番最初に記載のある成分が一番多く配合されているという事になります。

 

通常多く配合されているのは【精製水】や【水】などの水分がパーセンテージを占めているんですけど、シズカゲルは【フランスカイガンショウ樹皮エキス】を始め、有効成分がぎっしり詰まっている感じですね!

 

◆全成分の効果についてはコチラ◆

◎フランスカイガンショウ樹皮エキス…抗酸化作用

◎ビルベリー葉エキス…ポリフェノールを含む、抗酸化作用

◎3−Oーエチルアスコルビン酸…ビタミンC誘導体の一つ

◎テトラ2−ヘキシルデカン酸アスコルビル…油溶性ビタミンC誘導体

◎ユキノシタエキス…お肌の引き締めや保湿効果

◎マロニエエキス…シワ改善

◎シア脂…保湿

◎カンゾウフラボノイド…抗菌・抗炎症作用や抗シミ

◎Nーステアロイルフィトスフィンゴシン…セラミド3

◎オリブ油…保湿

◎スクワラン…保湿

◎1,3-ブチレングリコール…保湿・保水目的

◎トリイソステアリン酸グリセリル…乳化剤、油分エモリエント成分

◎硬化ナタネ油アルコール…天然植物ナタネ油から採取される高級アルコール

◎1,2-ペンタンジオール…抗菌、保湿

◎精製水…純度の高い水

◎アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体…被膜形成成分

◎アルギン酸ナトリウム…天然資源から精製される保湿成分

◎水素添加大豆リン脂質…乳化剤、保湿

◎天然ビタミンE…抗酸化作用、抗菌

◎カルボキシビニルポリマー…粘度を出す

◎水酸化ナトリウム…乳化の安定性を出す成分

◎フェノキシエタノール…保湿、抗菌

 

⇒【シズカゲルの効果は大嘘?】口コミから分かる事実とレビューで分かった事